メル・ギブソン&ショーン・ペンが初共演『博士と狂人』映画公開

20201016-movies表紙

スポンサードリンク

メル・ギブソン&ショーン・ペンが初共演 『博士と狂人』映画公開

『博士と狂人』2020年10月16日(金)本日公開

アカデミー賞受賞俳優・メル・ギブソン × ショーン・ペン主演でおくる、41万語以上の収録語数を誇る世界最大、最高の英語辞典「オックスフォード英語大辞典」の誕生にまつわる数奇な実話をつづったノンフィクション小説が映画化!!

その他、『JUKAI-樹海-』などのナタリー・ドーマー、『僕たちのラストステージ』などのスティーヴ・クーガン、『おみおくりの作法』などのエディ・マーサンらが共演。
ギブソン監督作『アポカリプト』の共同脚本をファラド・サフィニア名義で手掛けたP・B・シェムランが監督をつとめる。

公式サイトより:http://hakase-kyojin.jp/

映画館紹介などはコチラから

!!ネタバレ注意!!

もっと詳しく
19世紀、独学で言語学博士となったジェームズ・マレー(メル・ギブソン)は、オックスフォード大学で英語辞典編纂の責任者に選ばれる。
シェークスピアの時代までさかのぼり全ての言葉を収録するという一大プロジェクト。
マレーが考え出したのは、必要な単語の用例を読書好きな一般市民から集める事だった。
しかし、その作業は困難を極めた。
そんな時、1人の人物から大量な用例が送られてきた事で作業は飛躍的に進み始める。
大量の単語カードを送って来たアメリカ人、マイナー(ショーン・ペン)は、戦争によって精神を病み罪のない人を殺した殺人犯だった。
このプロジェクトに殺人犯が関わっている事が明るみになり世間からは反発が起こる。
出会うはずのなかった2人が挑む史上最大の辞典作り。
やがてそれは、イギリス大室をも巻き込んでいく。

公式サイト:http://hakase-kyojin.jp/

まとめ

久々にメル・ギブソやショーン・ペンの作品を観られるのでとても楽しみです。

この2人の作品は名作が多いので今度特集を組みたい!(^^)!

あー中学の時『マッドマックス』を始めて観て衝撃を受けた思い出があります(;^_^A

ま、とにかく楽しみです。

 

同じく本日公開の映画『スパイの妻』、『薬の神じゃない』『夜明けを信じて。』他、

10月公開された映画、『浅田家』『フェアウェル』『イップ・マン 宗師』『ミッドナイトスワン』『ある画家の数奇な運命』なども紹介してますので良かったら参考までに♪

 

 

◆◇◆サイト内検索を便利使ってもらって、目当ての作品など検索してみて下さい♪◆◇◆

― 広告 ―

― 広告 ―

アラフィフの奮闘記』『猫との暮らし』『本、映画、音楽etc…』『サイト作成に必要なお勉強


!!誤字・脱字、記載に何か問題のあるようでしたらコメント下さいm(__)m
える[TwitterFANBLOGChange Myself 何かしら毎日更新してます*^^*]