第93回アカデミー賞受賞作品を更新しました!! 『ソウルフル・ワールド』『ミナリ』『ノマドランド』

韓国で興行収入1位を記録した日本の小説の映画化『藁にもすがる獣たち』

スポンサーリンク

韓国で興行収入1位を記録した 日本の小説の映画化『藁にもすがる獣たち』

『藁にもすがる獣たち』2021年2月19日(金)公開予定

原作は日本の作家・曽根圭介による同名の犯罪小説。

金に取り憑かれ、欲望をむき出しにした人々が激しくぶつかり合う様を描いた本作を、『犯罪都市』『悪人伝』の製作陣が韓国映画界を代表する豪華キャストにより映画化!!
監督・脚本/キム・ヨンフン、製作/チャン・ウォンソク、撮影/キム・テソン『神弓-KAMIYUMI-』、編集/ハン・ミヨン、音楽/カン・ネネ。

自らの過去を清算しようとする女に『シークレット・サンシャイン』で第60回カンヌ映画祭主演女優賞に輝く名女優チョン・ドヨン、恋人が残した借金に苦しむ男に『アシュラ』『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソン、大金の入ったバッグを拾った男を『スウィンダラーズ』のペ・ソンウが演じる他、『王宮の夜鬼』のチョン・マンシク、『MASTER/マスター』のチン・ギョン、『コンフィデンシャル/共助』のシン・ヒョンビン、『感染家族』のチョン・ガラム、更に『ハウスメイド』で国内の賞を総なめにした国民的女優ユン・ヨジョンらが集結。

大金を巡って二転三転する予測不能の展開が観客を魅了し、本国の韓国では興行収入ランキング初登場第1位を記録。

ここに新たなクライム・サスペンスの傑作が誕生した!!

映画館紹介などはコチラから

!!ネタバレ注意!!

もっと詳しく

失踪した恋人が残した多額の借金を抱えて金融業者からの取り立てに追われるテヨン(チョン・ウソン)、暗い過去を清算して新たな人生を歩もうとするヨンヒ(チョン・ドヨン)、事業に失敗してアルバイトで必死に生計を立てているジュンマン(ペ・ソンウ)、借金のために家庭が崩壊したミラン(シン・ヒョンビン)。

ある日、ジュンマンが勤め先のロッカーの中に忘れ物のバッグを発見する。
その中には10億ウォンもの大金が入っていた。
地獄から抜け出すために藁にもすがりたい、欲望に駆られた獣たちの運命は・・・。
果たして最後に笑うのは誰だ!?

まとめ

この作品の原作者・曽根圭介さんが、「本作を手本にして原作を書き直したいと、半ば本気で思っています。」とコメントしてるってどんな作品なのか小説を含めて観たくなりました♪
なので、公開前に小説をまず読みます(笑)2021年2月5、11日から公開した映画『樹海村』、『ファーストラヴ』、『すばらしき世界』その他、
2021年1月から公開中の『名も無き世界のエンドロール』『さんかく窓の外側は夜』『おとなの事情 スマホをのぞいたら』『シン・エヴァンゲリオン劇場版』『花束みたいな恋をした』も紹介してますので、よろしかったら参考までに♪

◆◇◆サイト内検索を便利に使ってもらって、目当ての作品など検索してみて下さい♪◆◇◆

アラフィフの奮闘記』『猫との暮らし』『本、映画、音楽etc…』『サイト作成に必要なお勉強


!!誤字・脱字、記載に何か問題のあるようでしたらコメント下さいm(__)m
える[Twitter猫FANBLOGChange MyselfエラレルゥTwitterエラレルゥ*^^*]