妄想的な世界を描く作家「森見登美彦」作品・最新作をご紹介

20200816-books表紙

― 広告 ―

― 広告 ―

妄想的な世界を描く作家「森見登美彦」作品・最新作をご紹介

プロフィール

森見登美彦(モリミトミヒコ)
1979年、奈良県生まれ。京都大学農学部卒、同大学院農学研究科修士課程修了。
2003年『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。
2007年『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞を受賞。同作品は、本屋大賞2位にも選ばれる。

デビュー作品

『太陽の塔』森見登美彦/新潮文庫

!!ネタバレ注意!!

デビュー作品・日本ファンタジーノーベル大賞受賞。
私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。
毎日が愉快だった。
しかし水尾さんはあろうことか、この私を振ったのであった!
クリスマスの嵐が吹き荒れる京の都、巨大な妄想力の他に何も持たぬ男が無闇に疾走する。
失恋を経験したすべての男たちとこれから失恋する予定の人に捧ぐ。

アニメ映画化

『夜は短し歩けよ乙女』/角川文庫

!!ネタバレ注意!!

山本周五郎賞を受賞・本屋大賞2位
「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。
けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。
そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。
キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作です。

『ペンギン・ハイウェイ』/角川文庫

!!ネタバレ注意!!

第31回日本SF大賞受賞作。
ぼくはまだ小学校の四年生だが、もう大人に負けないほどいろいろなことを知っている。
毎日きちんとノートを取るし、たくさん本を読むからだ。
ある日、ぼくが住む郊外の街に、突然ペンギンたちが現れた。
このおかしな事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした。
少年が目にする世界は、毎日無限に広がっていく。

舞台と小説がコラボした最新作品

『四畳半タイムマシンブルース』/KADOKAWA

!!ネタバレ注意!!

劇作家 上田誠の舞台「サマータイムマシン・ブルース」の世界観に、森見登美彦さんの16年前に出版した「四畳半神話大系 (角川文庫)」のキャラクターたちが登場。
舞台と小説のコラボという新たな試みとなる物語。
「アニメになる時に上田誠さんが脚本を書いてくれる機会が何度かあり、たまには自分の方からお返しじゃないが、舞台を逆に小説にするって事をやってみたいと以前から考えていた。
大学生たちを主人公にした小説をよく書いていた事もあり、その同じ世界観を使って小説にするなら「サマータイムマシン・ブルース」が一番自分の得意なところでやれるという考えがあった」と語る著者。
ちなみに、舞台「サマータイム・マシン・ブルース」は、今から15年前、瑛太、上野樹里、真木よう子さん、そして、ブレイク前のムロツヨシさんが出演し実写映画化された作品。
突然、大学生たちの前にタイムマシンが現れることで巻き起こるSFエンターテイメント作品。

まとめ

つい最近「ペンギン・ハイウェイ」を観たばかりだったんです!!


なんとも言えない世界観に引き込まれてSF大好きな私にはすごく面白い映画でした♪
小説は読んだ事がなかったんですけど、この『夜行』は昔読んでとても面白かったのでちょーおすすめ作品です。

森見登美彦さんの作品の世界観に染まりましょう(笑)!(^^)!

― 広告 ―

― 広告 ―

!!誤字・脱字、記載に何か問題のあるようでしたらコメント下さいm(__)m
える[TwitterFANBLOGChange Myself 何かしら毎日更新してます*^^*]