2021年6月上映延期されていた山崎賢人主演作品『夏への扉-キミのいる未来へ-』映画公開決定!!

2021年3~4月に発売された話題の新作ミステリー小説5作品をご紹介

スポンサーリンク

2021年3~4月に発売された 話題の新作ミステリー小説5作品をご紹介

『六人の嘘つきな大学生』浅倉秋成/KADOKAWA

!!ネタバレ注意!!

ミステリー界の新鋭”伏線の狙撃手”と呼ばれている前作は、「教室が、ひとりになるまで」(角川文庫)で、第20回本格ミステリ大賞《小説部門》第73回日本推理作家協会賞《長編および連作短編集部門》の2つの文学賞でノミネートされ、一躍脚光を浴びた。

今作のテーマは就活。
成長著しいIT企業スピラリンクス。
新卒採用の最終選考に残った波多野祥吾は、他の就活生と共に人事担当者から課題を与えられた。
「最終選考は、グループディスカッションになります」
6人の発信力やコミュニケーション力が試されるグループディスカッション。
この出来が良ければ6人全員に内定を出す可能性も十分にあるという。

最終選考は一ヶ月後。
その間に最高のチームを作り上げ全員で内定をもらおうと6人は度々集まって結束力を高めていった。

だが、突然彼らに課題の変更が告げられる。
今年度の採用枠は1人。
よって、今度行われるディスカッションの議題は、「六人の中でだれが最も内定に相応しいか」。
仲間だったはずの6人は一瞬にして一つの席を奪い合うライバルになった。

迎えた、最終選考当日。
内定をかけた議論が進む部屋のすみには、何者かが置いたとみられる一通の封筒があった。
その中に入っていたのは、6人全員の名前が書かれた小さな封筒。
これが、彼らを疑心暗鬼に陥れる心理戦のはじまりだった。

最終面接の部屋に仕掛けられていた6人の名前が書かれた封筒。
その中の一通を開けてみると、高校生が亡くなった事を報じる記事と人殺しの文字。
過去に犯した罪を記した告発文だった。
最終選考の場は一転。
疑心暗鬼に満ちた密室の心理戦と化す。

彼らの嘘と罪とは??
「犯人が、この中にいる。」

嘘と伏線が交差するとき、すべての動機が明かされる。
痛くて切ない青春ミステリーです。

『白鳥とコウモリ』東野圭吾/幻冬舎

!!ネタバレ注意!!

東野圭吾の35周年記念作品。
「今後の目標はこの作品を超えることです」と本人自らコメントした新たな最高傑作。東京で起きたある殺人事件。
被害者は弁護士の白石。
捜査線上に浮かび上がったのは愛知に住む倉木。
すぐに犯行を認めた彼は更に別の罪についても自供をはじめる。
それは、1984年の30年以上前に愛知で起きた殺人事件。
その犯人も自分だと言うのだ。
倉木はなぜ白石を殺し、過去の罪を告白したのか・・??
過去と現在、2つの事件に隠された真実を巡る傑作ミステリーです。

『魂手形 三島屋 変調百物語 七之続』宮部みゆき/KADOKAWA

!!ネタバレ注意!!

三島屋変調百物語シリーズ(以下第1~6弾)

そして、今シリーズ第7弾の最新作は、恐ろしくも切ない3つの怪談を収録。
江戸時代、神田三島屋で語られた怪談。
第一話「火焔太鼓」
ある武士が語ったのは、不思議な太鼓の話。
武士の故郷では長い間大きな火事が起こらなかった。
それは、古くから伝わる炎を鎮める不思議な太鼓のおかげ。
火事が起きたとき、叩くと不思議と炎がしずまっていくと言う。
一体なぜなのか??
その太鼓が持つ恐ろしい秘密を知る武士は誰にも言えなかった真実を話始める。
人は語る。
恐れや悲しみを鎮めるために。
人は聞く。
弱さや切なさを分け合うために…。

『スイッチ 悪意の実験』潮谷験/講談社

!!ネタバレ注意!!

第63回メフィスト賞受賞した注目のミステリー。

大学生の小雪は、ある日先輩からアルバイトに誘われた。
バイト代は1日1万円で、雇い主は安楽と言う心理コンサルタント。
しかし、仕事内容は当日までわからないという。
あやしいと感じつつも小雪は参加を決めた。迎えたバイトの日、雇い主の安楽が参加者たちを連れて行ったのは、幸せそうな家族が営む小さなパン屋。
安楽は、お店にいる間は、純粋にパン屋さんの魅力を楽しんでください。
と、この日もバイト内容は明かされず、参加者たちはただ美味しくパンを食べただけ。

しかし、パン屋を出ると安楽は参加者の全員にあるスマホアプリをインストールするよう指示。
アプリを開くと「スイッチを押しますか?」と表示されている。

「スイッチを押したら、何がどうなるんですか」
「さっきのパン屋さん・・・・・・彼らが、破滅します」

そして、スイッチを押しても押さなくてもバイト代とは別に100万円の報酬を支払うと言う。

安楽の目的は何なのか?実は、パン屋の経営は苦しく安楽の援助で成り立っていた。
もし参加者の誰かがスイッチを押したらパン屋の援助を打ち切り破滅させる。

更に安楽は、誰がスイッチを押したかは口外しない。
もし誰も押さなくても100万円は支払うと約束。
スイッチを押すメリットはないと言う。

そこで遂に明かされた安楽の目的。
それは、参加者たちが自分に利害関係がなくとも人を破滅させたいと言う感情だけでスイッチを押すのか?
すなわち、人間に「純粋な悪」の心が存在するのか確かめる実験だと言うのだ。

期間は1ヶ月、小雪たちはスイッチの存在を常に意識しながら毎日を過ごす。
そして、誰もスイッチを押すことなく終えた最終日に事件が起こる。

何者かが小雪のスマホを盗みスイッチを押したのだ。
一体誰が?
なぜ小雪のスマホで押したのか?
これは本当に「純粋な悪」によるものなのか?

小雪は真相を確かめるため、スイッチを押した人物を探し始める。
その中で、安楽がパン屋に近づいた本当の理由。
参加者たちの過去や秘密。
そして、パン屋と自分との意外な接点。

すべてが一つにつながった時、思いもよらない人物へと辿り着く。
果たして、スイッチが押された本当の理由とは?

『ドキュメント』湊かなえ/KADOKAWA

!!ネタバレ注意!!

「ブロードキャスト」からの高校部活シリーズ第2弾!!

高校1年生の町田圭祐が所属する放送部は、「全国高校放送コンテスト」出場を目標にドキュメント作品に打ち込んでいた。
題材にしたのは、全国大会出場が決まっている陸上部。
中でも、期待の1年生選手で圭佑の中学からの親友でもある良太をメインに密着取材を行っていた。
ドローンを駆使しながら良太の行動や表情を映像におさめていた。

しかし、圭佑は複雑な思いを抱えていた。
中学時代は、良太と同じ陸上部だった圭佑。
将来を期待され練習に打ち込んでいたが、高校入学直前に事故に合い陸上を諦めなければならなかったのだ。

「自分がやりたいのはこっちじゃない」
もやもやした気持ちのまま部室に向かうと深刻な顔をした部員たちの姿が。
一体何があったのか尋ねると先輩が撮影したドローン映像に偶然撮影されていた良太の姿。
その手には、火のついた煙草が握られていた。
「良太は煙草なんか吸うヤツじゃありません」
このまま見て見ぬ振りをしてしまっていいのか、話し合ううちに部員一人一人の考え違いが浮き彫りになっていく。

陸上部が手にしていた煙草、これは仕組まれた罠ではないのか??

圭佑は、良太を信じ真相を探り始める。
一方で放送部も存続の危機に陥る。

果たして、この動画の真相は??
誰が何のために…真相を追う圭佑は、やがてある人物の思いに辿り着く。

まとめ

私は、個人的に湊かなえさんの小説が大好きなので、今度特集を組み紹介したいと思ってます。
そして、2021年本屋大賞受賞した「52ヘルツのクジラたち」(町田そのこ/中央公論新社)と、林真理子さんの新作「小説 8050」(林 真理子/新潮社)がとても気になっていたので、今週中に改めて紹介する予定。
コチラは検索人気の作品たちです♪
参考までに。
赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』 『楽園とは探偵の不在なり』の2作品紹介
 
ミステリー作家・彩坂美月BOOK紹介

◆◇◆サイト内検索を便利に使ってもらって、目当ての作品など検索してみて下さい♪◆◇◆

アラフィフの奮闘記』『猫との暮らし』『本、映画、音楽etc…』『サイト作成に必要なお勉強


!!誤字・脱字、記載に何か問題のあるようでしたらコメント下さいm(__)m
える[Twitter猫FANBLOGChange MyselfエラレルゥTwitterエラレルゥ*^^*]