絶対に君を救う‥山崎賢人主演SF映画『夏への扉-キミのいる未来へ-』

スポンサーリンク

絶対に君を救う‥山崎賢人主演SF映画『夏への扉-キミのいる未来へ-』

『夏への扉-キミのいる未来へ-』2021年2月19日(金)公開予定

!!ネタバレ注意!!

原作は、60年に渡り愛される伝説の小説「夏への扉」。
そして、世界初の映画化された今作品。1956年にアメリカで発表されて以来、色褪せぬ名作として世界中で愛される「夏への扉」(著:ロバート・A・ハインライン)。

今作は、タイムトラベルものがたくさんある中で、時間旅行ものというジャンルを確立させた本作は後の作品に大きな影響を与えた古典中の古典と言える作品。
その、多くのハリウッド映画に影響を与えた伝説の小説の舞台を日本に再構築し、全世界で初の映画化。

主演には、興行収入57億3000万円の『キングダム』の山崎賢人。
メガホンをとるのは、『フォルトゥナの瞳』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の三木孝浩監督。

共演には、人間そっくりなロボット役に今年俳優生活25周年を迎える藤木直人、連続テレビ小説『あさが来た』で女優デビューし人気上昇中の清原果耶の他、夏菜、眞島秀和、浜野謙太、田口トモロヲ、高梨 臨、原田泰造などが出演。

主題歌は、2020年に発表した「炎」で史上最速1億ストリーミングを記録したLiSA。
LiSA自身が映画を見て歌詞を書き下ろした楽曲「サプライズ」。

公式サイト: https://natsu-eno-tobira.com/より
映画館紹介などはコチラから

!!ネタバレ注意!!

!!ネタバレ注意!!

もっと詳しく

将来を期待される科学者の高倉宗一郎(山崎賢人)は、亡き養父である松下(眞島秀和)の会社で研究に没頭していた。

ずっと孤独だった宗一郎は、自分を慕ってくれる松下の娘・璃子(清原果耶)と愛猫ピートを、家族のように大切に思っていた。
しかし、研究の完成を目前に控えながら、宗一郎は罠にはめられ、冷凍睡眠させられてしまう。

目を覚ますと、そこは30年後の2025年の東京・・・。
宗一郎は、研究もピートも、すべてを失い、璃子が謎の死を遂げていたことを知る。

愕然とする宗一郎だったが、人間そっくりなロボット(藤木直人)の力を借り、未来を変えるために動き出す。
璃子を絶対救うという、信念とともに・・・。

まとめ

この小説は、SF大好きな私にとって昔読んだ海外小説の中でも大好きな作品だったので、映画化、それも主演山崎賢人さんって神でしかない!!(笑)観るのが楽しみすぎる作品です♪

ワープ系だと、ジョセフ・ゴードンとブルース・ウィリスの『LOOPER/ルーパー』もタイムスリップする映画では別の意味で衝撃的だったし、あー『THE FLASH』も(笑)。

2021年1月から公開中の『名も無き世界のエンドロール』『さんかく窓の外側は夜』、『樹海村』『ファーストラヴ』『すばらしき世界』の2021年2月から公開中の作品なども参考まで♪

◆◇◆サイト内検索を便利に使ってもらって、目当ての作品など検索してみて下さい♪◆◇◆

アラフィフの奮闘記』『猫との暮らし』『本、映画、音楽etc…』『サイト作成に必要なお勉強


!!誤字・脱字、記載に何か問題のあるようでしたらコメント下さいm(__)m
える[TwitterFANBLOGChange Myself 何かしら毎日更新してます*^^*]