お家で楽しめるおすすめパニック映画4作品をご紹介

20200718-02-movies表紙

スポンサードリンク

!!ネタバレ注意!!

お家で楽しめるおすすめパニック映画4作品をご紹介

『グエムル 漢江の怪物』2006年公開

グエムル-漢江の怪物-(字幕版)

世界が震撼した怪物パニック映画
家族の絆を描いたポン・ジュノ監督の作品。「パラサイト 半地下の家族」2020年。
ソウルの中心を流れる川、漢江(ハンガン)の河川敷で小さな売店を営んでいるパク・カンドゥ(ソン・ガンホ)は、父と娘との3人暮らし。
そんなある日、巨大な怪物が出現。
そして娘も怪物に連れていかれる。
悲しみに暮れる家族だったが、携帯で娘から連絡が入る。
だが、誰一人として娘の生存を信じてくれなかった。
果たして、パク一家は娘を救うことができるのか。

『パニック・ルーム』2002年公開

パニック・ルーム (字幕版)

ワンシチュエーションの密室心理戦
離婚したばかりのメグ・アルトマン(ジョディ・フォスター)は娘のサラ(クリステン・スチュワート)と2人で安心して暮らせる家を探し、マンハッタンの高級住宅街に4階建ての豪華な家を見つけた。
更にこの家にはパニック・ルームと言う非難室が完備されていた。
完璧な防犯システムが気に入り入居を決めた。
だが、新居で中々寝付けずにいたメグは、違和感を感じ監視カメラのモニターを見てみると謎の男たちが家に侵入していた。
娘を連れ、避難個室、パニック・ルームへ逃れるが・・。
安全な場所のはずなのに、逃げ場がなかった。
必要に追い詰めてくる侵入者の目的は??
逃げ場のない密室サスペンス・スリラー映画です。

!!ネタバレ注意!!

『テロ,ライブ』2014年公開

テロ, ライブ [DVD]

生々しい衝撃をリアルタイムで体感
テレビ番組から外され、ラジオ番組担当しているアナウンサーのユン・ヨンファ(ハ・ジョンウ)。
ある日、視聴者から爆破予告の電話が入る。
いたずらだと思い相手にしなかったが、予告通り爆破された。
ヨンファは、通話を独占生中継する。
これを機にテレビへの復帰を期待するヨンファ。
ところが、イヤホンに小型爆弾が仕掛けられ、生放送が支配され事件はエスカレートしていく。
衝撃の生放送の行方は??

『ミスト』2008年公開

ミスト (字幕版)

スティーヴン・キング原作パニックミステリー映画
大勢の買い物客でにぎわう街を突然覆い始めた濃い霧。
しかし、これはただの霧ではなく、中に何かが・・・。
スーパーマーケットに閉じ込められた人々。
霧の中を状況を知るべくロープを巻き外に出てみるが、見るも無残な状態で戻る。
逃げ場のない恐怖、あらわとなる人間の本性、人間の恐ろしさ。
果たして、この中から逃げ出す事が出来るのか??

 

まとめ

 

 

昔、『グエムル 漢江の怪物』見た時は、衝撃でした。
リアルに感じたと言うか、とにかく面白かったです。
他に韓国と言えば、『オールド・ボーイ』は2004年のカンヌ映画祭で審査委員長クエンティン・タランティーノをはじめ、圧倒的な大絶賛でグランプリ受賞した作品で、韓国では知らない人がいないと言ったくらい有名な作品で、私的にはイチオシ作品の1つです。

 

 

 

― 広告 ―

― 広告 ―

!!誤字・脱字、記載に何か問題のあるようでしたらコメント下さいm(__)m
える[TwitterFANBLOGChange Myself 何かしら毎日更新してます*^^*]