DCコミックの『ワンダーウーマン 1984』全国公開10月に決定

20200828-movies表紙

スポンサードリンク

DCコミックの『ワンダーウーマン 1984』全国公開10月に決定

『ワンダーウーマン 1984』2020年10月9日(金)公開予定

もともと、6月の公開からの延期で待ち遠しかったのですが、いよいよ2020年10月9日(金)に日本公開決定!!
2017年、全世界で大ヒットを記録した、DCコミックスを原作とするDCエクステンデッド・ユニバースの『ワンダーウーマン』の続編映画。
続編の舞台となっているのは冷戦時代の1980年代で、前作から約70年後の世界を描く。
前作に続き今回も元兵士という異色の経歴を持つ女優ガル・ガドットが、“史上最強”との呼び声が高い女性スーパーヒーロー、《ワンダーウーマン》ことダイアナを熱演。
スピード・力・戦術のすべてを合わせ持ち、世界中で数々の社会現象を巻き起こしてきたヒーローの新たな伝説とは。
ヨーロッパ、中東をはじめとする世界中を舞台に繰り広げるド迫力の体感型バトル『ワンダーウーマン 1984』。
陸・海・空を巡る空前絶後のアクション超大作は、まもなく開幕!!
日本公開日が決定したことを記念して、真のヒーローだけが身につけることを許された“ゴールドアーマー”を身にまとったワンダーウーマンの姿を描いた新ビジュアルも解禁に。(下記画像より)

ワンダーウーマン画像ww84 001

ワンダーウーマン画像ww84 002

公式サイトよりhttps://wwws.warnerbros.co.jp/wonderwoman/

映画館紹介などはコチラから

!!ネタバレ注意!!

もっと詳しく
物語の舞台は1984年。
前作のおよそ、70年後、世界には欲望があふれ、狂乱の時代を迎えていた。
「望めば願いは叶う」そう言われたミソニアン博物館で働く考古学者・ダイアナ/ワンダーウーマン(ガル・ガドット)の前に70年前に死んだはずの最愛の恋人スティーブ(クリス・パイン)が現れる。
一体何があったのか??
明らかになる巨大な陰謀と絶対絶命の危機。
巨大な悪の力で世界が破滅に向かってる。
ダイアナを待ち受ける最大の敵とは??

まとめ

DCコミックが大好きで、他にも『グリーンアロー』『フラッシュ』、『スパーガール』(ドラマ)、『マン・オブ・スティール』(スーパーマン)、『バットマン』、『ジョーカー』(映画)・・ドラマ・映画とキリナイくらい(-_-;)色々観てますが、とにかく好きで待ちに待ったって感じでとても楽しみにしてます。

U-NEXT、NETFLIXや、Huluなどでも観れます。
昔バットマン好きで大人になったらコルベット乗りたいって思って一時乗ってたくらいです(笑)

 

ドラマなどで観ていると、ヒーロー達が他のドラマに登場してリンクしたりする演出も楽しめたりしてます。

前作ももう一度公開前に観るつもりです♪

ワンダーウーマン(字幕版)

では、この秋も続々と公開予定映画がありますので、またぁ~明日(*’▽’)/♡

― 広告 ―

― 広告 ―

!!誤字・脱字、記載に何か問題のあるようでしたらコメント下さいm(__)m
える[TwitterFANBLOGChange Myself 何かしら毎日更新してます*^^*]