2020年6月のおすすめBOOKランキング5【電子書籍】

20200614-books表紙

2020年6月のおすすめBOOKランキング5【電子書籍】

!!ネタバレ注意!!

第5位「『育ちのいい人』だけがしっていること」諏内えみ/ダイヤモンド社

日常の何気ない仕草からにじみ出る育ちの良さ。
育ちなんて、生まれ育った環境によるもので努力しても変えられないと思っていませんか?
本書では「育ちが良い」ことは特別ではない。
「育ちの良い」人たちの共通点に着目し、それを学んで実践するだけで誰でも簡単に育ちの良さを身につけられるんです。例えば、訪問先の玄関を上がる時、後ろ向きになって靴を脱いでませんか?
こんな時、育ちのいい人は、正面を向いて靴を脱いだ後に振り返り、膝をおって靴の向きを整えているんです。
そして、傘を持つ時には、傘の先が他の人の方に向いてしまわないよう気を配ります。
持ち手を外側からかけ傘先を自分の方に向けるのがスマート。
他にも、車の乗り降り、食事の作法などエレガントな自分になれる方法が満載の一冊です。

第4位『カレンの台所』滝沢カレン/サンクチュアリ出版

発行部数15万部突破。
滝沢カレンさんが、独創的な言葉で綴る新感覚レシピ本『カレンの台所』。

第3位『女帝 小池百合子』石井妙子/文藝春秋

コロナに脅かされる首都・東京の命運を担う政治家・女性初の都知事の小池百合子。
次の総理候補との呼び声も高い。
しかし、彼女のことをどれだけ知っていますか?
「芦屋令嬢」育ち、謎多きカイロ時代、キャスターから政治の道へ。
常に「風」を巻き起こしながら、権力の頂点を目指す彼女。
今まで明かされることのなかったその数奇な半生を、3年半の歳月を費やした綿密な取材のもと描き切る。

第2位『「やせる!キレイになる!ベジたんスープ50」』Atsushi/小学館

著者は2ヶ月で-6kgのダイエットに成功!
野菜ソムリエの資格を持つ著者が開発したベジたんスープとは、ベジタブルをふんだんに使い、タンパク質を組み合わせたスープのこと。
痩せやすい身体をつくり、キレイになる力の底上げに期待できると女性を中心に大人気。
50種類のレシピが公開されています。

第1位『村上T 僕が愛したTシャツたち』村上春樹/マガジンハウス

村上春樹さんが、自身のTシャツコレクションをまとめた一冊。
Tシャツのエッセイなどを連載するほどTシャツが好きな村上さん。
「僕が人生においておこなったあらゆる投資の中で、それは間違いなく最良のものだったと言えるだろう。」とコメント。
そんなTシャツの中から厳選した108枚がTシャツにまつわるエピソードと共に掲載されています。

 

― 広告 ―

― 広告 ―

まとめ

今回は少し興味のある本たちだったので、本の紹介をさせてもらいました♪
女帝は、今現状ホントに大変な状況に見舞われている中、同じ女性としてどんな人生を送って来た方なのかって素直に感じ読んでみたくなりました。
あと、カレンさんの本も含めて(笑)すべて好きなジャンルだったし、特に私もTシャツ大好きで冬でもTシャツ派なので、村上春樹さんのTシャツ関連の本は読みたいと思います~♡って、全部読みたい(笑)
では、また次回~(*’▽’)/

!!誤字・脱字、記載に何か問題のあるようでしたらコメント下さいm(__)m
える[TwitterFANBLOGChange Myself 何かしら毎日更新してます*^^*]