小説家デビュー20年目の新作『逆ソクラテス』がおすすめの理由

20200524-books表紙

 

スポンサードリンク

小説家デビュー20年目の新作 『逆ソクラテス』がおすすめの理由

どんな【著者】?➡伊坂幸太郎のご紹介

伊坂幸太郎(いさかこうたろう)
1971年千葉県で生まれる。
東北大学法学部卒業後、2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。
2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞(短編部門)、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞・第21回山本周五郎賞を受賞。
その他の著書に『重力ピエロ』『終末のフール』『残り全部バケーション』『AX』『ホワイトラビット』『クジラアタマの王様』と、阿部和重氏との合作『キャプテンサンダーボルト』などがある。

!!ネタバレ注意!!

作品紹介➡デビュー20年目の最新作『逆ソクラテス』/集英社

子供たちを主人公にした5つのお話からなる短編集。
「敵は先入観だよ」
子供たちの柔軟な発想が活躍

 

デビュー20年目の最新作

『逆ソクラテス』/集英社

子供たちを主人公にした5つのお話からなる短編集。

逆境にもめげず簡単ではない現実に立ち向かい非日常的な出来事に巻き込まれながらもアンハッピーな展開を乗り越え僕たちは逆転する。
無上の短編5編(書き下ろし3編)を収録。

『逆ソクラテス』をいち早く読んだ読者の感想

全ての子供たちと全ての大人たちに読んで欲しい。

あらゆる先入観や大人の悪しき習慣たちを警戒に飛び越えてゆく。

と言った感想が寄せられ、まさに大人たちの価値観をひっくり返す物語が詰まっている。

まとめ

この年齢になってくると、人との価値観は無理に合わせる必要がない事が少しずつ見えてくるし、自分らしい生き方とか、考え方を第三者の目線で見る事が出来てくるけど簡単ではない。
人は一人では生きていけないし、人と共存していくうえで価値観の共有が不可欠。
この小説では、子供たちの柔軟な発想やものの見方、感じ方、大人との関わり方がとてもリアルで、とてもいい作品だと思ったから紹介したくなったのです(*_ _)♡
伊坂幸太郎さんの過去作では個人的に『首折り男のための協奏曲』が好きです♪

アラフィフの奮闘記』『猫との暮らし』『本、映画、音楽etc…』『サイト作成に必要なお勉強

!!誤字・脱字、記載に何か問題のあるようでしたらコメント下さいm(__)m
える[TwitterFANBLOGChange Myself 何かしら毎日更新してます*^^*]

― 広告 ―

― 広告 ―